ピーターズバンデッドスキンクの飼育方法、何食べるの?海外サイトが参考になります

スポンサーリンク

やっぱり少ない、ピーターズバンデッドスキンクの飼育情報。

ピーターズバンデッドスキンクを我が家に迎えて早くも1年が経過しました。

が、未だに飼育方法に関する情報が少なすぎる!

ということで、英語がとっても苦手ながら、海外サイトならもっと情報が転がっているかもと思いインターネット上を奔走してみました。

海外サイトに多々転がってる、ピーターズバンデッドスキンク情報。

やり方としては、「peters banded skink」とか「scincopus fasciatus」でググって出てきた、飼育方法が書いてありそうなページを勘となけなしの英語力で探して翻訳する、それだけ。

それでも爬虫類サイトであったり、論文であったり、日本のサイト以上の情報量が得られそうでほくほく。

その中でも、わかりやすかったサイトをひとつ、メインで参考にしつつ、自分の飼育方法を見直してみようという試みです。

参考にするサイトは「REPTILE RAPTURE」のHP。

残念な英語読解力しか持たない私には、とにかくわかりやすいサイトが良いのです。

色々見てみたところ、ガッツリ論文系はまず除外するとして、残ったサイトでわかりやすいものがあったので、リンクを貼っておきます。

「REPTILE RAPTURE」

「レプタイルラプチャー」という、アメリカのウィスコンシン州、モノナというところにある爬虫類のお店のサイトです。

どうやら、ご主人と奥様、そして娘さん、スタッフの方2名、ワンちゃん1匹とでやっているお店のようです。

このサイトの「CARESHEETS」に様々な爬虫類の飼育方法が項目ごとにまとめられていてわかりやすいので、とってもありがたかったです。

スポンサーリンク

とりあえず一番の悩み「ピーターズバンデッドスキンクのご飯」について見てみる。

このサイトには、ピーターズバンデッドスキンクを飼育するにあたって必要なケージサイズ、温度などなどが記載されていますが、まずはしばらく私の個人的な悩みだった「ピーターズバンデッドスキンクのご飯事情」を読んで、実践してみることにしました。

冷凍コオロギ、食べてはくれるけど、最近飽きてしまったのか食いつきが微妙なのです。

「PETER’S BANDED SKINK」のページの、「FEEDING」「SUGGESTED FOODS」項目を見ていきます。

(海外のサイトを引用、勝手に訳すと、なにか法に触れてしまう可能性があるそうなので、しません。もし元サイトの記事を読みたい方は頑張って訳してみてください!)

このページの中にある「おすすめ食品」の一つに「スクランブルエッグ」がありましたので、今回は卵を与えてみることに。

よくアオジタトカゲにゆで卵あげてる方もいらっしゃいますもんね。雑食性のトカゲには玉子、良いみたいです。

早速炒り卵を作って与えてみる。

スクランブルエッグ、すなわち炒り卵。私も好きです。

自分が食べる用なら、バターを引いて半熟とろとろ、ケチャップをかけて食べたいところですが・・・今回はトカゲ用なので、油類はしかず、ノー調味料でいきます。

わあ、おいしそう。熱々だといけないので、作ってから放置して冷ましておきました。

とりあえず大量に作って余っても困るので、今回はピーターズバンデッドスキンク2匹に対して卵一個。

じっ・・・

どうかな、食べてくれるかな・・・?

目の前に差し出してから興味を持つまでのスピードは早い。ちょっと期待できるけど・・・。

大口開けて・・・

あっ・・・

かぷ。

食べたー!

炒り卵、食べてくれました!ありがとう!うれしい!

卵の魅力にとりつかれた二匹。

一度味を覚えたら、その後は食うわ食うわ。

炒り卵を奪い合うピーターズバンデッドスキンク・・・。

奪われない安全地帯で食べてみたり。

2匹とも、想像以上にガツガツ食べてくれて夜中に卵を炒った甲斐があったというものです。

誰も食べてくれなかったら、私が寂しく炒り卵を夜食にしなければならないところだった。

特にういろうは口の周りにベタベタとものがつくのを嫌う(だからレオパゲルはダメ。)ので、大丈夫かな?と心配していましたが、杞憂でしたね。

作った炒り卵を半分くらい与えたところで、2匹とも食いつきが落ち着いてきたのでストップ。与えすぎて吐き戻ししても大変ですから・・・。

あ、このあとてりやきさんはケージに戻す隙もなく、すぐにうんをぶっ放しておられました。

なにその「食ったらすぐ出る」ところてんみたいな体・・・。

なにはともあれ、「お前の飯、うまいんだけどさ・・・レパートリー増やさねーの?」的なマンネリ彼氏みたいな空気を醸し出していたピーターたちに目新しいご飯が提供できたことは飼い主として光栄です。

トカゲも同じご飯ばっかりじゃ飽きるよね。色々食べて健やかに育ってくれよ。

ということで、飼育情報の少ない生き物を育てている方、海外のサイトが救いになったりしますので、もしよろしければご参考ください・・・!

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました