一眼レフカメラを持ってマリンワールドに再突入したで! その2

スポンサーリンク

図らずも写真のアップロード数が多かったので、「マリンワールド再突入 その2」になりました。
前回は一眼レフカメラを持ってマリンワールドに再突入したで! その1

前回は謎ゾーンを通るところまで。

マリンワールドのサメサメ!
彼は泳ぎ続けているので撮るのが難しい。
しかしサメって、なんとも言えない面白い顔してますよね。

底の方に居た。彼も上の写真のサメと同じ、大水槽の中にいました。
正直フォルムが好みだったからバシバシ写真を撮ったんだけど、肝心の名前を覚えてくるのを忘れてしまった。

ここからは私のおすすめ1、2を争う2つめのエリア!深海ゾーン。

ギンザメ(多分)ギンザメ。
なんと彼(彼女?)最近産卵したばかりだそうです。
卵も展示されてましたよ。

でも・・・私の目が狂ってなければ、水槽の隅にもう一匹ギンザメがおりまして、その個体も卵産んでたんですよね・・・。あれが脱腸でなければですけど。
産卵中の姿をカメラにおさめたかったんですが、いかんせん水槽の隅がとても暗くてシャッターが切れなかったんです。残念すぎる。

ふてぶてしい魚この写真は結構お気に入り。
このふてぶてしさったら・・・可愛いね。

甲殻類
エビエビ深海のエビ。私は甲殻類を食べるのはさほど好きではないけど、どうも見るのは好きらしい。

ダイオウグソクムシ深海のアイドル「グソクムシ」。今回は積み重なってた。
この世には冷蔵庫でグソクムシを飼育する猛者がいるって本当ですか?

クラゲクラゲ。クラゲとるの難しいんじゃ。この一枚しかまともなのが残ってなかった。

チンアナゴ左のチンアナゴ。

錦アナゴ右からニシキアナゴ。

ウツボど真ん中のうつぼ。(水槽は別ですよ)

貝類
屋台イメージ?何を思ったか、この食欲をそそる展示。(私は貝類食べるのは苦手ですが・・・。)
写真は撮り忘れてしまったけど、干物の展示もしてありましたよ。

ペンギン可愛いところ変わって海獣ゾーンにてペンギン。
このペンギンエリアはもろ屋外だから、ちょっと寒い。
というか、ペンギンって可愛い体型してますけど顔はキリッとしていてやっぱり「鳥類」って感じですね・・・。

おっさんみたいなペンギンおっさんぺんぎん。

この日、たまたま手鏡を使ってペンギンの群れを操るペンギンマスターみたいな方が・・・。
イワシの鱗の光か何かと思って追いかける習性でもあるのかしら・・。

ハリセンボン唐突に締めのハリセンボン。
私は、ハリセンボンとかネズミフグとか、ちょっと面白い顔をしていてチャーミングな魚が好きです。
長崎・佐世保の水族館「海きらら」にいたネズミフグ、可愛かったな・・・。

あとは水族館周辺とか海の綺麗な写真で締められるとかっこいいと思うのですが、魚たちを撮り終えたらさっさとカメラを収納してしまったのでありません。
今回の自分へのお土産は「チンアナゴ定規」と「ウーパールーパーのアクキー」です。

マリンワールド、もうちょっと自宅から近かったら年パス買ってる・・・。
今年の目標は、「夜の水族館」に行くこと。写真の練習もしていかないと・・・。

とりあえず今回のマリンワールド記は終わりです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました