九レプ前でそわそわして眠れない。

スポンサーリンク

九レプがやってきますね。

2019年6月1日!九レプですね!

なんだかわくわくしてツイッターで「九レプ」と検索してニヤニヤしちゃいます。

夜型で寝るのが遅いのはいつものことなんですが…。

やっぱり眠れないし、爬虫類の話をかきます。

わくわくな飼い主とは裏腹な爬虫類たち。

しょうがさんと九レプを待つ

爬虫類たちは、いつも通りのんびりだらだら過ごしておられます。

しょうがは、朝起きるとシェルターから出て開きになって寝ています。

野生、とは。

一方はんぺんは、ご飯食べてる私をめっちゃ見てきてました。

これは、「お前ばっかり食ってないで俺にも食わせろ」という訴えの目線なのか…。

でもだめです。

はんぺんは消え失せたと思った脇ぷにがまたしても出てきてしまったので、当面は給餌間隔ひろめ、量も控えめです。

からしやしょうがは、夜中に電気を消すとケージ内をうろうろしたり、出せ出せとアピールしたりするのですが、はんぺんは不動。

シェルターを入れておくと、ほぼずっとこもりきり。

ご飯を催促するときや、寒くて暖まりたいときは出てきたりもしますが…。

ちょっとひやっとした話。

今日、ふとてりやきのケージ(とはいっても衣装ケース)をみたら、ちょっとだけ頭を出して半目?でこっち見てた…。

普段はたまーに自ら土の上に出てきたと思っても、私と目が合うとさっさと潜っていってしまうのに、今日は動かない!

「ええ、もしかして、死ん…??!」

ちょっと本気で心配しちゃいました。

しかし、杞憂だったようです…。

ちょっと頭つついたら、潜るそぶりを見せてもぞもぞしてました。

そこだけ土が浅くなってて、完全に潜れてなかったみたいです。

でも、水分足りてなくて元気ない…とかだと怖いので、念のため温浴を。

あいかわらず「水飲んでるぜ」みたいな動きはしないものの、ちろちろと数回水を舐めていました。

スポンサーリンク

ところで、てりやきってオスメスどっち?

ずっと疑問なんです。

ピーターズバンデッドスキンクの雌雄判別方法…。

ネット上では、蛇の性別判断をする「ポッピング」と同じように、総排泄孔あたりをきゅっと押してみる、とかもちらっと情報を見たのですが…。

(ヘミペニスがにゅっと出たら雄、出なかったら雌、らしい!)

でも、情けないことに、私はつるつるすべるしぐるぐる回るピーターズバンデッドスキンクを固定して持つ技術も無ければ、大事なところをきゅっと、押してみる勇気もないポンコツ飼い主です…。

ピーターズバンデッドスキンクって、掴むとミルワームの蛹みたいにしっぽをぐりんぐりん回すんですよ。

そして、やめろやめろとばかりに身体をよじる。

鱗がつるんとしてるから、かなりすべるし…。

ピーターズバンデッドスキンク、オスメス?

てなわけで、ヒョウモントカゲモドキの雌雄を見るときみたいにしっぽをぴょいっと持ち上げてみました。

うーん……。

うーん…です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました