今年もついに

スポンサーリンク

こんにちは。

今年もついに12月。しかも半ばに差し掛かろうとしています。

なんですって?!

我々一家は、飼い主含めヤモリとトカゲたちもいつも通りの一年でしたが…

いや、ちょっと待って?

いえ、爬虫類たちは健康な一年でしたが、飼い主は8月にてんかんが再発。

道の往来でぶっ倒れ、後頭部を強打し縫合したのでした。

飼い主、何やらかしとるんや!

全くもってその通り。

飼い主、お前がいなくなったら…

私がいなくなったら…

俺(?)たち…

ご飯食べられんようになるやろが!

たしかに。

生き物を飼うと言うことは、ある意味私だけの体ではなくなると言うことです。

特に爬虫類の場合、自分に何かあった時に誰彼にでもお世話をお願いすることが出来るわけでは無いです。

食欲失せたら虫の頭ちぎるくらいしてくれや。

まず、ご飯が虫なので、虫嫌いの人にはお願いできません。

後は、もし爬虫類たちが食欲減退してきた時、虫の頭をちぎって中身を出してもらわないといけないかも。

実際、デュビアの中身を出さないと食べなかった人。

そう、実際、てりやきはうちに来たばかりの頃、あんまり食欲旺盛ではなく…

デュビアの頭を千切り、中身を押し出してそれを食べさせていました。

今はありがたいことに、「そんな食う?」って位ガツガツ食べますが。

「ブログ書いてる暇があったら飯くれや!」

圧。

というわけで、今年、2020年は世間がコロナ一色であった中、私は別の意味で健康の大切さを思い知りました。

とりあえず癲癇のほうは、毎日薬を飲む事で普通通り過ごせると、病院の先生に診察していただきました。

一安心。

しかも、昔飲んでいた薬より小さくて、やさしいもの、しかも夜だけの服用で良くなり、私的な負担も軽くなりました。

(昔はイーケプラというクソでかい錠剤を朝昼晩飲んでた。)

我々爬虫類はでかいもの食べるの得意だけどな。

爬虫類…ほんとでかい食べ物にも果敢に挑戦していきますよね。

見てる方は、それ、喉つまらんの??と不安になるわけですが…。

じゃあ、食べやすい大きさのにしてくれや…

仰る通りです。

そんなこんなで、基本的に我ら一家は無事に一年を終えることが出来そうです。

まあ、年越しを無事にできたら終了と言うわけではないので、健康にはちゃんと気をつけていかなければいけませんね。

というわけで、わたくし、使うお風呂用品を最近模索してまして…使い心地なんかは改めてまとめていこうと思います。

凝り性はめんどくさいからな!

そう。気にしない時は全く無頓着なのに、一度凝ると納得できるまでやってしまう。面倒な人間ですから…。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました